喪女たちの婚活

お金に対して執着を見せると男は逃げていく

お金に汚い女性は嫌われます。
とくに婚活の場ではお金目当てのような女性は警戒されます。

それなのに、それなのに、
奢ってくれなかったっことをグチグチ文句を言う女性がいます。
結婚相手の条件を聞かれて年収600万年以上は必要と答えてしまう女性がいます。

婚活中の女性はお金や経済力のことでよく口をすべらせて
失敗しているので注意してください。
本当は奢ってくれなかったことなどたいした問題ではありません。
年収も本当は600万円も必要ないのです。

でもそういうことを口にしてしまうのは、
やはり女性の方も不安なんですね。
奢ってもくれないケチな彼に不安を覚えるワケです。
ちゃんと稼いできて欲しいという不安がつい
600万円がどうこうと口走らせてしまいます。

結婚を考えるなら誰だって経済的な不安はあります。
しかしそれを態度や言葉に出してしまうと
予想以上に男性に嫌われるので注意しましょう。

逆に「お金なんていらない」という姿勢を見せたいところ。

「お金お金」言われると誰だって
自分は愛されていないのではと不安を抱きます。
お金が目当てみたいに思えるので。

損得だけで動いている女と思われないように

物事を現実的に考える女性と違って
男性はロマンチストです。

「お金より愛が大事」と本気で思っています。

女性の感覚ではいまいち理解しにくいのですが、
男性には「男気」というものがあります。
自己犠牲の精神と言ってもいいでしょう。

損得ではない部分で物事を考える傾向があるので、
そのことは理解しておかないといけません。

お金に汚い面を見せてしまうと、
損得勘定だけで動いてるような女性に思われ、
嫌われてしまいます。

奢られるばかりではダメ

相手の男性が食事代を奢ってくれるなら、
「ありがとう」と素直にそれに甘えるのが可愛い女です。

しかし男性が奢るのが当たり前みたいになってはいけません。
食事代は彼、お茶代は自分。
みたいな感じで自分もかならずデート代を負担した方がいいです。

そしてときには食事代は自分、お茶代は彼。
といういつもと逆パターンのデート日も設けた方がいい。

「お金に執着しない娘」といかに思わせるかが勝負の分かれ目です。

いい結婚相手に出会うための投資だと考え、
婚活の場ではお金はケチらないこと。

いつも奢ってもえると得した気分になりますが、
大きな視野で見ると実際には損しているのです。


希望の年収欄は空白で

結婚相談所やネット婚活サイトのプロフィールには、
男性に希望する年収を書く欄があります。

ここに600万円とか1000万円とか大きな数字を書いてしまうと、
なかなか男性から誘いが来ないという事態に陥ります。

そういった大きな金額を書いていれば
価値のある女みたいでカッコイイのですが、
男性からしたらお金目当ての嫌らしい女にしか見えません。

男性が嫌う損得勘定女です。

こういった欄は空白のままで提出するのが正解です。
そうすると低年収の男性からも申し込みが殺到したりして
困ったことになるのですが、
そういった面倒を補ってあまりある恩恵も受けられます。

相手の年収なんてこだわりませんという姿勢を示すことで
その男前な精神に引かれた高収入男性からも
お誘いがよく来るようになります。

「お金に執着しない女。損得だけで動いてるのではない女」
それを上手く演出しましょう。


 ■喪女がモテ女になるための内面磨き講座■

@ 男性に主導権を握らせてあげて居心地のいい女になろう
A お金に対して執着を見せると男は逃げていく(現在のページ)
B 自分が女であることを強く意識することで女は可愛いくなれる
C 無愛想は損!可愛げのある女になる方法
D 究極のモテ技!それは母性

▲このページのTOPへ