喪女たちの婚活

はやく婚活を始めないと手遅れになる

恋愛と婚活ではひとつ大きな違いがあります。
それは年齢の価値。

恋愛というフィールドでは顔やスタイルなどが重要で、
年齢はあまり気にされません。

しかし婚活の場では状況が一変します。
35歳の美女より25歳の喪女の方がモテるのです!

女性には出産という現実的な問題があるので、
婚活では年齢がかなり重要視されます。

女性だって結婚となると相手の職業や年収といった
経済力に注目しますよね?

恋はロマン。結婚は現実です。
男も女もシビアにならざるを得ません。

喪女だからこそ危機感を持って早めの婚活を

婚活の現場では若い女性が圧倒的にモテます。
20代前半ならかなり条件のいい結婚相手をつかまえられるでしょう。
たとえ喪女でも。

20代後半でもそれなりに男性に注目されます。
元気な子供を産んでくれそうな若い女性は
男性の本能に訴えかける力を持っているのです。

もう理屈ではありません。

しかし残念なことにこの絶好の「売り手市場」の時期を
逃してしまう女性の何と多いことか

まるでバブルの頃の就活のように引く手あまたな状態なのに、
その時期を無駄に過ごしてしまう。

やはり20代の頃というのはまだみんな危機感がないんですね。

だから油断して一番いい時期を遊び暮らしてしまう。
そんなワケでお見合いパーティーにしても結婚相談所にしても、
利用者の中心は30代の女性です。

20代の頃から婚活を頑張ってきた人たちではなく、
30歳を過ぎから現実に気づいた人たちです。

婚活の場では20代女性は少ないので喪女でもモテます。
しかし30歳を過ぎてしまうと、
もう喪女はただの喪女でしかありません。

危機感とモチベーションを

もっと遊びたい。もっとやりたいことがある。
そんなふうに考えていると後で後悔します。

喪女は20代のうちに婚活することで
外見などのハンデをかなりカバーできます。

もし30代に突入してしまってたら、もう崖っぷちです。
賞味期限が切れかかっているという自覚のもと、
強い危機感を持って婚活に励むしかありません。

さらに、危機感だけではなくプラスのモチベーションも
持っておいた方がいい
でしょう。

デートで着ていく服とかをお店に見に行ったり、
あるいはもう購入してしまうとか。

デートコースなどを紹介している本などを購入するのもいいですね。

そうして自分自身の気持ちを恋愛モードにもっていきます。
彼氏ができたたあとのことを想像してニヤニヤしながら、
自分のモチベーションを高めていきましょう。

▲このページのTOPへ