喪女たちの婚活

喪女だって着る服で可愛いく見える!?婚活ファッションの心得

洋服はその人の印象を大きく左右します。
高級そうな服を身に付けている人を見たら私たちは
きっと人間的にも上級な人なんだろうなと判断し、
ヨレヨレの服を来ていたら中身もだらしない人なんだろうなと考えます。

恋愛でも同じです。
男性はけっこう服に惑わされます

外見の中でも自力で一番どうにかなる分野なので、ここは投資のしどころ!
ケチらずに行きましょう。

男性が好む女性のファッション

喪女の服装

男性にウケないと意味がありません。
女性がいいと思う服とは少し違うものを彼らは好みます。
そこを押さえて着ていく服を選ぶと脱喪が見えてくるはず。

法則1 清潔感
やはり一番心掛けないといけないのは清潔感。
色も灰色とか黒でなくて白とかピンクがウケます。
清らかで清楚なイメージでまとめましょう。

法則2 女性らしさ
スカートやワンピースなど男性に縁のないもは女性らしい服装と言えます。
なるべく男性が身に着けそうにないものを選びましょう。
フワフワした柔らかな感じの服も女性ならではでGood!

法則3 可愛い露出
男性は意外とセクシー路線は好みません。
清楚な方が好きなんですね。
でもそのクセ、肌の露出には弱いという性質を持っています。
ノースリーブやショートパンツで腕や脚を上品に露出しましょう。
でもエロくなってしまうとアウトです。

質より量!?

付き合い始めて何度も合うようになったら
服装を上手くローテーションさせて着回していく必要が出てきます。

前のデートと同じ服装で出掛けてしまってはいけません。
いつ会っても毎回違う服を着て来る娘だと思われないと。
そういったことが女性らしい可愛いさなのだと男性は考えます。

ここで大事なのは「量」です。
「質」ではありません。

男性は高い服かどうかなどあまり気にしません。
それよりはいつ会っても毎回違う服を着ている方が評価は高いです。
しまむらとかでもいいので沢山の服を揃えておきましょう。
「質」よりも「量」を優先してください。

そしてバリエーションにも気を配りましょう。
同じようなタイプの服ばかりを揃えるのではなく、
いろいろと変化をつけるとオシャレな娘だと思ってもらえます。

▲このページのTOPへ